大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

大会の特徴

Point1ハーフマラソン種目新設
ハーフマラソン種目新設ハーフマラソン種目新設

今年から15km種目からハーフマラソン種目にリニューアルしました。高低差約300mの県内屈指の難コースにぜひ挑戦してみてください。また、小中学生限定の1~3kmコース、高校生以上が参加できる5kmコースから自分に合ったコースで楽しめます。

Point2高低差のあるタフなコース
高低差のあるタフなコース

メインコースとなるハーフマラソンコースは清滝トンネルへ向かって登って降りる高低差のあるタフなコースです。山と川の自然の美しさも自慢のあかがねマラソンならではのコースにぜひチャレンジしてください。

Point3大会スペシャルサポーター渡邉高博さん

新居浜市出身で、バルセロナオリンピックに陸上400m選手として出場した渡邉高博さんが大会スペシャルサポーターとして参加します。現在もコーチとして多くのランナーの育成をしている渡邉高博さんと一緒にあかがねのまちを走りましょう。

渡邉高博(Takahiro watanabe)

【プロフィール】

1970年新居浜市生まれ
早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒
早稲田大学競走部コーチ
一般社団法人日本イージーエクササイズトレーナーズ協会理事

同大学では競走部(陸上競技部)に所属し、短距離(400m)選手として東京世界陸上(1991年)やバルセロナオリンピック(1992年)に出場。
大学卒業後はアメリカサンディエゴへ留学しブラジルナショナルコーチのもとで最先端のトレーニング理論を学ぶ。
その後早稲田大学競走部コーチ、大手フィットネスクラブやスポーツジムのトレーナーとして活動しながら、母校早稲田大学大学院人間科学研究科身体運動科学研修生終了。

早稲田大学競走部コーチとして日本代表選手を輩出することはもとより、プロ野球、Jリーグ、プロゴルファーなどのプロスポーツ選手や各種目のオリンピック選手、プロダンサーや俳優などのフィジカルコンディショニングを行なう。
また一方で子供から大人まで年齢を問わず、ダイエットやメタボリックシンドローム対策、介護予防といった身近な問題に対しても積極的に取り組み、それぞれの課題に対処する方法論の確立に努めている。

Point4当日完走証がもらえる
完走したランナー全員に記録の入った完走証をその場で発行いたします。自分の記録をすぐに確かめることができますので、今後のトレーニングに活かしてください。
Point5素敵な大会記念品
素敵な大会記念品

あかがねマラソンの開催を記念して、タオルなど素敵な大会記念品を用意しています。走ったあとは、マイントピア別子にある「別子温泉~天空の湯~」で汗を流しましょう。

Point6あたたかい、おもてなし
地域ボランティアを中心に、あたたかいお食事等をご用意し、おもてなしいたします。沿道からのあたたかな応援にもご期待ください。
  • ハートネットワーク
  • マイントピア別子
  • 新居浜市文化体育振興事業団
  • 新居浜市商工会議所青年部
  • せとうちバス
  • せとうちバス
  • 広瀬歴史記念館
  • えひめさんさん物語
  • あかがねミュージアム

主催

  • 新居浜市
  • 新居浜市教育委員会
PAGETOP
MENU