観光

観光

Point1マイントピア別子
マイントピア別子マイントピア別子

日本三大銅山のひとつであった別子銅山の産業遺跡を活かしたテーマパークです。復元した鉱山鉄道で行く観光坑道(入場料は別途必要)では、江戸時代の採鉱風景を人形で再現。鉱山鉄道、観光坑道で別子銅山283年の歴史を学習してください。マイントピア別子には、そのほかの施設として天空の湯、砂金採り体験パーク(いずれも料金は別途)などがあります。
公式HPはこちら

施設内には、手ぶらでバーベキューを楽しむことのできる「あかがねの里」や赤ちゃんから小学生まで楽しめる「あかがねキッズパーク」があります。施設中央の巨大ボールプールはいつも大人気です。

あかがねキッズパークあかがねキッズパーク
Point2天空の湯
天空の湯

マイントピア別子内にある温泉施設。天空を眺めながら「炭酸泉」と「酸素泉」が楽しめる露天風呂や地下銅山をイメージした「岩盤浴」など癒しのスポットです。

Point3えんとつ山(生子山)
えんとつ山(生子山)えんとつ山(生子山)

別子銅山・山根製錬所のレンガ造りの煙突が頂上に残る山です。煙突は、建設から120年以上が経過した今日でも新居浜市の産業遺産のシンボルとして地元住民に親しまれ、山頂の煙突まで整備された遊歩道でハイキングやジョギングを楽しむ人々も見かけられます。
生子山の頂上からは、新居浜市内や瀬戸内海を一望できます。
生子橋から始まる国領川上流までの「別子ライン」では紅葉の名所となっており、紅葉の季節は多くの観光客で賑わいます。

Point4東平記念館(マイントピア別子東平ゾーン)

「甦る銅山史」をキャッチフレーズに、東平歴史資料館、マイン工房、花木園などがあり、大自然の中で誰もが銅にふれながら学びと遊びを同時に体験できる夢空間となっています。また、貯鉱庫跡、索道基地跡の石積み、第三通洞跡、骨格標本で復元したかまど跡も残る採掘集落など自然を満喫しながら産業遺産にふれ、銅山史を学べる絶好の場所です。

県道を約1.5km行ったところに遠登志渓谷遊歩道があります。この道沿いに約150m行くと、アーチ橋と吊橋からなる遠登志橋(おとしばし)があります。
明治時代の鋼アーチ橋は我が国に十数橋ありますが、当時の姿を残しているのはこの橋だけといわれています。2005年に国の登録有形文化財に、2007年に別子銅山関連遺産として近代化産業遺産(経済産業省)に選定されています。

Point5旧端出場水力発電所
旧端出場水力発電所

別子銅山に電気を供給するため、明治45年(1912)、当時最大級の出力3,000kwで建設されました。昭和45(1970)年、発電所は廃止されましたが、煉瓦造の建物内には、運転開始時のドイツのシーメンス社製の発電機や同国フォイト社製の水車などが残っています。登録有形文化財建造物に登録されています。

Point6新居浜太鼓祭り
新居浜太鼓祭り

愛媛県新居浜市を代表する秋祭りであり、徳島の阿波踊り・高知のよさこい祭りと並ぶ四国三大祭りとしても知られている。また日本三大喧嘩祭りとしても有名です。
毎年10月16日から18日(一部地域10月15日から開催)までの3日間、金糸銀糸に彩られた50台以上の絢爛豪華な太鼓台(たいこだい)と呼ばれる山車が練り歩きます。
マラソン大会の会場である山根グラウンドは、より迫力のあるかきくらべが観覧できる場所として有名です。勇壮で迫力あるダイナミックなお祭りを観に、ぜひ新居浜太鼓祭りにお出かけ下さい。

新居浜市のその他の観光情報は、新居浜市観光協会のHPでチェック

Point7広瀬歴史記念館

幕末・明治の動乱期に、政府による接収や住友の経営難による売却から別子銅山をまもり、その開発の近代化を推進した広瀬宰平(さいへい)。彼はまた、わが国の産業の育成にも力を注ぎ国家の発展に貢献しました。
この記念館は、宰平の足跡を通して新居浜の生い立ちと日本の近代産業の歩みをたどる施設です。展示館と明治時代に建築された旧広瀬邸(国指定重要文化財)で構成されています。

日暮別邸移築記念特別企画展「至宝の中国古銅器」を開催中
泉屋博古館が所蔵する住友コレクションの中国古銅器は、住友家15代住友吉左衞門友純(春翠)が明治30年代から大正期にかけて収集したものが中心で、世界有数の青銅器コレクションとして知られています。今年、四阪島の日暮別邸が新居浜に移築されることを記念し、そのコレクションの中核をなす中国古銅器約60点を、別子銅山のある新居浜でご紹介します。ご期待ください。

【とき・ところ】9月15日(土)~11月4日(日)午前9時半~午後5時(入場は閉館30分前まで)。
※月曜日休館。ただし、祝日ならびに第1月曜日は開館し翌日休館。新居浜市美術館(新居浜市坂井町2丁目)

・日暮別邸
四阪島精錬所が創業を開始した翌年(明治39年)に、住友家15代友純(春翠)によって住友家の別邸として建築されました。木造2階建ての洋館で、四阪島精錬所を見渡せる場所に建てられました。この日暮別邸が、本年新居浜市へ移築されました。秋以降のオープンに向けて準備中です。

  • ハートネットワーク
  • マイントピア別子
  • 新居浜市文化体育振興事業団
  • 新居浜市商工会議所青年部
  • せとうちバス
  • せとうちバス
  • 広瀬歴史記念館
  • 至宝の中国古銅器展
  • あかがねミュージアム

主催

  • 新居浜市
  • 新居浜市教育委員会
PAGETOP
MENU